読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーソナルトレーニングおすすめジム

パーソナルトレーニングを紹介するブログ

加圧トレーニングとは?ダイエット効果はあるの

パーソナルトレーニング

加圧トレーニング

加圧トレーニングとは、血管に圧力を掛けて血液の流れを制限して行うトレーニング法です。

血圧を測る時に、腕にマジックテープの機器を巻きつけ、空気を入れていくと、腕に巻かれた機器が膨れて血管が「ドクンドクン」となっているのを感じることが出来ます。

これは血液の流れが悪くなっていることで、「ドクンドクン」と感じる事ができるのですが、加圧トレーニングもこれと同じ原理で行います。

圧力をかける専用のベルトを腕の付け根や、足の付根に取り付けて、適切な圧力を掛けその状態で運動を行います。

加圧トレーニングとは 目次

 

加圧する理由

加圧すると、血液の循環が悪くなり血液が低酸素状態になります。低酸素になると、普段は使用されない筋肉繊維を刺激することになります。

その低酸素状態になった状態で運動することで、比較的少ない運動でも効果を得ることが出来ます。

加圧トレーニングのメリット

加圧トレーニングは前述したように筋肉を低酸素状態にすることで、少ない運動で効果をもたらすのですが、その運動の過程でメリットが得られます。

ダイエット効果

低酸素状態で運動することで、成長ホルモンが増大します。成長ホルモンが増大すると太りにくい身体となるためダイエット効果が高いと言われています。また、トレーニングによって筋肉も増していきますので、更に太りにくい体となります。

血行促進

加圧を繰り返すことで、血管の柔軟性が増していきます。柔軟性が増していくと血行が良くなり、末端部分である手や足などの血流も良くなり、代謝が活発になります。また、新陳代謝が良くなることで、肩こりや冷え性などにも体の不具合の改善にもなります。

筋肉量の増加

低酸素状態で運動することで、普段の運動よりも短時間で筋肉量を増やすことが出来ます。また、軽い負荷でも効果的なので、重いダンベルを何度も持ち上げるようなトレーニングではなく、軽い運動でも筋肉がつきやすくなり、運動の負担が少なくなります。

怪我の回復が早まる

加圧トレーニングを行うことで、肉離れや骨折、捻挫などの怪我からの回復が早まると言われています。

加圧とレーニングの注意点

加圧トレーニングで注意しなければならないポイントです。

加圧量の調整が難しい。

ベルトを巻くことで加圧を行いますが、加圧量の加減が難しいです。間違った方法を行うと、効果がないだけでなく、当初の想定とは違う筋肉がついてしまう場合があります。

血流の遮断に注意

加圧によって血液が流れにくい状態を作りますが、流れが著しく悪いと貧血になってしまったり、しびれの原因になります。

加圧トレーニングができるダイエットジム

SLIT(スリット)

 

からだpia

 

まとめ

加圧トレーニングはトレーナーの指示のもと適切に行えば効果的に筋肉をつけたりダイエット効果が高いトレーニング方です。

なれれば自分でも実施できますが、初めての方は専門のトレーナーに方法を教わりながら実施することが良いでしょう。

加圧トレーニングを取り入れているジムも多いことから、自宅近くのトレーニングジムで体験してみましょう。